THE北陸ハリケーンズ

THE北陸ハリケーンズ のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロック名盤③

さて、今回紹介するアルバムはDEEP PURPLEの「LIVE IN JAPAN」です。

61Lop4flEVL__AA160_.jpg

ディープ・パープルといえば、あの悪名高いギタリスト、リッチー・ブラックモア率いる70年代を代表するハードロックバンドですねえ。
yjimagejjjjj.jpg
小学生の頃、ロック好きの叔父から「カリフォルニア・ジャム」のビデオを見せてもらったのが最初の出会いでした。
このライブでのリッチーは最後の方でギターをぶっ壊してアンプを爆発させていました。
幼心に「この人頭おかしいんじゃないの・・・・」って思ってました。

その後、自分もギターに興味を持ち、手にする頃にはリッチーはそれこそ最初の僕にとってのギターヒーローでした。
中学生の頃には必死になってコピーしてましたねえ(笑)
その難解なフレーズ、複雑な運指、リフのセンスなど当時の僕にとってはすべてが衝撃でした。

で、「LIVE IN JAPAN」ですが、第2期ディープ・パープルの最も勢いのある頃の強烈なライブアルバムです。
このアルバムの、なんつうか、そのグルーヴたるや本当に凄いです。
ワタクシ(hayashi)は北陸ハリケーンズとは別に、「パラダイス・ロスト」というディープ・パープルのコピーバンドでギターを弾かせてもらってますが、いまだに「LIVE IN JAPAN」の「チャイルド・イン・タイム」は難しすぎてできません(笑)。

僕は基本的に色んなバンド、アーティストの「ライブ盤」てのが大好きなのですが、そもそもパープルのこのアルバムを聴いて、ライブならではの緊張感・勢いの面白さを教えてもらったような気がします。

2014年現在、いまだディープ・パープルは活動しておりますが、もちろんリッチーはおらず、ジョン・ロードも亡くなられてますが先日の来日公演では元気な様子だったようです。

なんか、あと10年経っても「ディープ・パープル」は活動してそうですね、オリジナルメンバーはもう残ってなくっても(笑)
屋号みたいなもんですか(笑)

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。