THE北陸ハリケーンズ

THE北陸ハリケーンズ のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロック名盤⑤

ザ・ビートルズ 「ラバー・ソウル」
41WBPTPXTML__AA160_.jpg

ワタクシ(Hayashi)の特に好きなビートルズの作品です。

ビートルズの発表したアルバムってのは、そのすべてがいわゆる「名盤」なわけで、順位をつけるのははっきり言って無理なわけであります・・・・
なので、ビートルズに関しては完全に個人的な思い入れでもって紹介していきたいと思います。

で、「ラバー・ソウル」。

一般的には、それまでのアイドルグループからアーティストへと変わるターニングポイントとして評価されているアルバムですね。
ですが、個人的にはこうした一般的な評価よりも、65年に「ヘルプ!」と「ラバー・ソウル」という2枚のアルバムを発表してるっつーことがすごいと感じるわけで、まさにジョンとポールの才能が溢れんばかりの時期だったんだなあって思いますよね。
ふつうのバンドだったらこの2枚のアルバムだけで4~5年はツアーだけで食っていけるんじゃないでしょうか(笑)

あと好きなのが「ラバーソウル」の楽曲の邦題ですね。
「ひとりぼっちのあいつ」、「嘘つき女」、「君はいずこへ」とか、はっきり言って笑っちゃいますよね。
ただ、「ノルウェーの森」は、これでよかったのかなあと思います。
直訳は全然違うのですが、この邦題がなければあの有名な小説も生まれなかったのではと言われてますね。

あと、北陸ハリケーンズでもこのアルバムの曲は多いですね。
 「ドライブ マイ カー」
 「ひとりぼっちのあいつ」
 「イン マイ ライフ」
あたりをレパートリーとしてよく演奏してますね。

ビートルズのアルバムは発表した時期によって様々なストーリーがあって、それを色々と追求するのも面白いんですよね。

こんな感じで、今回は「ラバー・ソウル」でした。
スポンサーサイト
さわやかな秋晴れとなったこの日、行って参りました横浜へ。

まず、我々4人が向かった先は「横浜中華街」。
ここ毎年1回は横浜のイベントに出演しておりますが、完全に観光を兼ねての小旅行ってな感じになってます(笑)
DSC_3464_convert_20140926200349.jpg
笑顔で乾杯!
すっかり満足・満腹で会場に向かいました。

会場近辺では顔なじみとなった長谷川代表を始めとするアークシップスタッフの皆さんと久しぶりに再会。
伊勢佐木モールもたいへん盛り上がっておりました。

今回の北陸ハリケーンズの演奏曲は

  ・ ドライブ マイ カー ~ ツイスト アンド シャウト ~ ラ バンバ
  ・ ボーン トゥ ラブ ユー
  ・ ボラーレ ~ 夏の終わりのハーモニー
  ・ また逢う日まで

の4曲(メドレー込み)でした。

今回もとっても楽しく演奏することができました。

アークシップの皆さん、遊びに来て下さったお客様、本当にありがとうございました!

次回は、ぜひ「おとバン」に参加したいですね!!
ロック名盤④

今回紹介するのは日本を代表するギタリスト、Charです。

ジョニー・ルイス&チャー 「tricycle」
51tZcztWxuL__AA160_.jpg

Charを初めて知ったのは高校生の頃、深夜の音楽TV番組でした。

ビートルズで洋楽を知り、ディープ・パープルでロックギターを覚えた15~16歳の少年にとって、「日本のロックなんてつまんねえぜ・・・」なんて感じで背伸びしたがっていた時期でした。

また、当時(80年代)は、エドワード・ヴァン・ヘイレンやイングヴェイ・マルムスティーン、スティーブ・ヴァイなどの超絶技巧ギタリストが脚光を浴びていた時代でもありました。
僕もロックギターがちょっとは分かり始めたこの頃、ライトハンド奏法や早弾きができれば、まわりの音楽仲間からは一目置かれる感じで一生懸命練習しておりました。

しかしながら、Charさんの演奏をTVで見て、それまで持っていた「技術至上主義」より、「ロックギタリストはセンスがあってカッコよくないと」っていう価値観に変わっていきました。
それほどまでにCharのギタースタイルは僕にとって影響を与えてくれたものでした。

今回紹介する「tricycle」はそんなCharの魅力が詰まった最高の一枚だと思います。
あの名ギタリスト・グレート義太夫も以前おすすめの一枚として紹介しておりました(笑)。

Charさんのライブには今でもよく行きますが、そのMCにもホント楽しいものがあります。
こんなにもかっこいいオジサンでありたいものです。
これからも、ずっとあこがれの存在でいてほしいですねえ。
イベント告知です。

9/21(日)、「横浜音楽空間」に出演いたします。
出演時間は16時45分くらいからです。

このイベントを企画しているアークシップさんとは4~5年前の「横浜HOOOD!!」よりお世話になっており、ほぼ毎年なんらかのイベントに出演させてもらってます。
その「横浜HOOOD」ではグランプリを受賞でき、思い出の残るイベントでした。

で、今回の「横浜音楽空間」、ライブ会場はイセザキ・モールにて行われます。

あの、「ゆず」がデビュー前から活動していた、いわばストリートミュージシャンの聖地みたいな所でしょうか・・・
ワタクシ(Hayashi)も以前、横浜市民だったころよく散歩していた懐かしい場所です(笑)

お時間のある方はぜひぜひ遊びに来て下さい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。