THE北陸ハリケーンズ

THE北陸ハリケーンズ のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イベント告知です。

「同窓会おやじバンド」
5月5日 (火・祝)  熊谷・八木橋デパート8Fカトレアホール

いつもおせわになっている八木橋百貨店M地さんからお誘いをうけての参加です。
我々は13時ころ出演予定です。

お時間のある方はぜひ遊びに来て下さい!
スポンサーサイト
ロック名鑑⑮

ザ・ビートルズ「ヘルプ!」
31IX-D1LgML__AA160_jhgf.jpg

ビートルズ映画2作目のサントラ版として1965年に発表されました。
タイトル曲「ヘルプ!」の出だし、ジョンのシャウトはいつ聴いてもたまんないですね。
yjimagefghykmnbvc.jpg

アイドル時代最後の作品であり、以後「ラバーソウル」からビートルズは大きく変わり始めていきました。
1965年は本作品と「ラバーソウル」が発表された、まさにターニングポイントの年でした。
そして翌1966年にビートルズは来日したのです。

と、「ヘルプ!」の紹介はここまでにして、ポール来日記念として4/28日本武道館公演をレポートします。

003_convert_20150429141743.jpg

武道館に到着したとたん、沿道にはすごい数の人だかりが・・・
何事かと聞くと、これからポールが到着するとのこと。僕もせっかくなんで人生初の「入り待ち」に参加しました(笑)。
002_convert_20150429005814.jpg
たくさんのカメラと頭の向うにすこーしだけポールの乗ったリムジンが見えます。この間わずか数十秒。あっという間でした。
待っている間、となりではだっこしている小さい子どもが大泣きしているのに、お母さん「ポールがくるまでもうちょっと待ってて!」と子どもそっちのけでした。 恐るべしポールファン。

この日、会場に来ていた人たちはポールが武道館のステージに立つということの意味をよ~く分かっていらっしゃるようで・・・ まして日本最終公演。 マスコミはたくさんいるし、何か入場前から異様な雰囲気でした。

今回の武道館公演のチケットがこれ
DSC_3808_convert_20150429004020.jpg
で、49年前のビートルズ公演がこちら
yjimageefghbfhj.jpg
チケットにも凝ってましたね。

こちらは2015年武道館のステージ
DSC_3823_convert_20150429005232.jpg
で、1966年のステージ
yjimagekiuhgfdsdfghb.jpg
こうやって色々と比較してみると面白いですね。

NHKまでも報道していたように、ポールが49年ぶり武道館のステージに立つってことは大ニュースなんですよね。

で、そのポールの日本武道館公演はまさしく「歴史的ライブ」でした。

定刻より1時間半近く遅れて始まったこのライブ、ポールが出て来た瞬間、武道館に地鳴りのような歓声が響きました(大げさでなくホントに)。
49年ぶりに戻って来てくれました。
011_convert_20150429010254.jpg
オープニングは「キャント・バイ・ミー・ラブ」でした。

前日の東京ドーム公演から2晩連続。やはりスゴイ72歳です。
017_convert_20150429010433.jpg

「コンバンハ、ブドウカン、ヒサシブリ」 と元気いっぱいでした。

048_convert_20150429142212.jpg

この日はスクリーンもなく、もちろんドームに比べればステージも小さかったのですが、いつものスタジアムでのパフォーマンスしか知らない観客にとって、ホント、身近にポールの「ライブ感」を味わえた貴重なステージでもありました。
その盛り上がりたるや凄まじいものがありましたね。
112_convert_20150430144620.jpg

108_convert_20150429011356.jpg
また、本公演ならではのサプライズも多々ありましたね。
特に今日紹介したアルバム「ヘルプ!」に収録されている曲で、ポールより「セカイハツコウカイ」で始まった「アナザー・ガール」!
まさか、この曲が聴けるとは!

名曲「イエスタデイ」も約半世紀を越えて武道館で演奏されました。
035_convert_20150430121554.jpg
ポール自身も感慨深いものがあったと思います。

一部ではその高額なチケット料金について何かと言われておりましたが、この日居合わせた観客全員が大興奮・大満足であったはずであり、むしろおつりがくるくらいに感じていると思います。

おそらく今後語り継がれるであろう伝説の日になるでしょうね(言いすぎか・・・、いや、そんなことはないか・・・)

114_convert_20150429011921.jpg

そんなこんなで大変な1日が終わったのでありました。

ポールは明日5/1、次の公演先の韓国へ向かうそうです。
今度はいつ日本に来てくれるのかなあ?
その時が来るのをまた楽しみにして待ってます。

とにもかくにも、すばらしいポール・マッカートニー日本公演でした。
月並みですが THANKS! PAUL! ですね。

というわけで ロック名盤⑮ でした。



ロック名盤⑭

ザ・ビートルズ「ア・ハード・デイズ・ナイト」
61UenkHvN0L__AA160_hgfdserth.jpg

ポール・マッカートニー来日記念ということでビートルズ/ポール関連が続いております。

1964年発表の本作品、初の全曲オリジナルで作られたビートルズ初期の傑作であります。
タイトル曲、「ア・ハード・デイズ・ナイト」の例のジャ~~ンてイントロにどれだけの人が衝撃を受けたことか・・・
全世界でブレイクしたばかりのビートルズ、映画「ヤア、ヤア、ヤア」のサントラ版として発表されました。
yjimagedfghgfdwsefgh.jpg

この作品ではジョンの才能が溢れんばかりですね。
全13曲中、ほぼすべてジョンの作品であり、僕個人としても「恋におちたら」、「すてきなダンス」(ヴォーカルはジョージ)、「ユー・キャント・ドゥ・ザット」など、大好きな曲がたくさんあります。
また、この作品の疾走感・勢いがすきですね~

ジョンの佳曲で占められた感のあるこのアルバムですが、やっぱりうまいところでポールの曲が絡んできてるんですねえ。
「AND I LOVE HER」、「今日の誓い」の2曲がポールの作品として収録されております。
どちらもいまだにライブで演奏されている名曲ですね。

で、

ポール来日記念。

待ちに待ったこの日がやってきました!!

昨日、東京公演初日行って参りました!!
DSC_3799_convert_20150429004231.jpg

「ヤクソクシタネ」のMCで始まったライブ、ポールが帰ってきてくれました。
007_convert_20150425135243.jpg

024_convert_20150424230318.jpg

ポール完全復活!!

元気いっぱいのステージでした。

023_convert_20150424230127.jpg
「AND I LOVE HER」も演ってくれました。

改めて、この人はやはり超人ですね。
約3時間弱、ほぼノンストップで演奏し、すばらしいパフォーマンスを見せてくれました。
027_convert_20150424230448.jpg

045_convert_20150424230559.jpg

048_convert_20150425014801.jpg


057_convert_20150425013818.jpg


ポールの来日公演は過去東京ドームで何度か観ているものの、すべてスタンド後ろの方、スクリーンを終始観ている状態でしたが、今回はアリーナ良席で肉眼でポールを拝めることができました。
いまだに初日公演の余韻に浸っております。

ポールのライブは、毎回思いますが、とにかくエンターテイメントに溢れたステージなんですね。
何度観ても飽きないっていうか・・・

ほんとに、ポールって「歌う」ことが純粋に大好きなんでしょうね。

まさに年齢を感じさせないすばらしいステージでした。

残り
4/27東京ドーム最終公演
4/28日本武道館追加公演  と参戦してきます・・・

妻からは冷たい目で見られておりますが・・・
でもいいんです・・・
ポールのライブはPRICELESS!!

昨日のポール観て思いました。
「生きててよかった~」(笑)

ということでロック名盤⑭でした。









ロック名盤⑬

ザ・ビートルズ「アビーロード」
512XV1STWEL__AA160_.jpg

祝ポール・マッカートニー再々来日!

心配しておりましたが、やって来てくれましたね。
昨日の公演初日、京セラドームも元気いっぱいな様子で安心しました。
なんたって御歳72ですからね。
明日からの東京公演も楽しみでなりませんね~

ポール来日記念として、ビートルズ・ポール関連の記事ばかりアップしておりますが、今回は「アビー・ロード」です。

この作品(発表時期は逆ですが)、前作「LET IT BE」があまりにも4人がバラバラで、もう一度やり直そうってことでビートルズ4人が本気を出して作った、恐るべき傑作アルバムです。
個人的にはビートルズの集大成って感じがして、とっても思い入れのある作品です。
きっとメンバー4人も、「これで最後だ。」 って思いながらレコーディングしたんでしょうね。
井坂幸太郎の小説タイトルにもなった、最後の「ゴールデン・スランバー~キャリー・ザット・ウェイト~ジ・エンド」の流れはホント感動しちゃいますね。
近年のポール公演でも最後を飾っているナンバーですね。

最近では、アビーロードの撮影中のこんな画像もあったりしますね
yjimageedfghjnb.jpg
yjimageertyhjhgfdrthn.jpg

また、あまりにも有名なこのジャケット、こんなのも見つけました。
yjimageew34yhjmnbfghjk,

「アビー・ロード」からは北陸ハリケーンズでは、最近「サムシング」がレパートリーとなりつつありますね。

さて、明日23日からのポール・マッカートニー東京公演、ホント楽しみですねえ。
お昼のワイドショーでも今回の来日公演が取り上げられているほど、まだまだその影響力はすごいですね。

僕もいいオヤジとなり、普段は落ち着いた生活にすっかり慣れてしまってますが、こんなにドキドキ・ワクワクする機会があるって嬉しいですね。
来日公演レポートも随時アップする予定です。

ということで、今回は「アビー・ロード」でした。



イベント告知です。

アートフルゆめまつり
4/26(日)、大宮駅周辺で開催されるイベントです。

詳しくはこちら

我々、北陸ハリケーンズもおかげさまで毎年出演させてもらっております。
今年は新会場「大宮小学校」で出演いたします。

お時間のある方はぜひぜひ遊びに来て下さい!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。