THE北陸ハリケーンズ

THE北陸ハリケーンズ のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久し振りのライブ告知です。

今年最初のライブを2月26日(日)にやります
場所は西荻窪のこちら

我々も結成25年、ついに中央線沿線に進出です(笑)

rtyuikjhgftgyuiolkiujtgfghyjklk_convert_20170130193801.jpg

他の出演者さん達も落ち着いた感じのアコースティックバンドです。
日曜の昼間、のんびりとお酒でも飲みながら楽しいひとときを過ごしましょう。

お時間のある方はぜひとも遊びに来て下さいませ。



スポンサーサイト
ロック名盤39

ブライアン・アダムス 「レックレス」

dghjkjhgfdfghjklkjhgf.jpg

ブライアンが1984年に発表した通算4作目で、80年代ロックアルバムの大名盤です。
僕にとっても、「ヘブン」、「思い出のサマー」などのヒット曲・代表曲も含め、捨て曲なしの、それこそ今まで何百回リピートしたかわからないくらい思い入れのある作品です。

ブライアンとの出会いは中学生の頃、Tシャツにジーンズの飾りっ気ないスタイルで爽快でストレートなロックナンバーを歌っている姿がとっても印象深かったですね~
これぞアメリカンロック! って感じでカッコよかったですね~(ブライアンはカナダ出身ですが・・・)

kjhgdfghjkjhgfdfghjk.jpg

dfghjklkjhgfghjklkjhgfghjk.jpg

dfghjgfdfghjkhgfdg.jpg

こうして見ると、この頃はいかにも垢抜けないロック兄ちゃんって感じでしたね。
でもスタイリッシュなブリティッシュとは違う魅力があって僕は大好きでした。飾らないカッコよさっていうか・・・・

僕にとってブライアンは、今回の「レックレス」を始め「カッツ・ライク・ア・ナイフ(1983)」、「イントゥ・ザ・ファイアー(1987)」、「ウェイキング・アップ・ザ・ネイバース(1991)」、「18TILL I DIE(1996)」と青春時代にはいつもブライアン・アダムスの曲がありました。
ビートルズほどではないにしろ、かなり影響を受けたミュージシャンでしたね。
そういえば、高校時代はじめてバンドを組んで最初にコピーした曲はブライアン・アダムスでした。

そんなブライアン・アダムスの来日公演が昨日1/24、日本武道館で行われました。

DSC_0233_convert_20170125162240.jpg

今回で通算24回目の武道館公演だそうです。
僕もブライアンは約20年ぶり、本当に久しぶりに観るステージでした。

DSC_0261_convert_20170126184109.jpg

最初に観たのが1991年、当時は若さあふれる元気いっぱいのステージでしたねえ。
僕も汗だくで盛り上がっていた記憶があります。

あれから25年経ち、57歳となったブライアンの今回の来日公演ですが、円熟した大人のロッカーって感じで落ち着いた、味わいあるライブでした。

DSC_0353_convert_20170125162506.jpg

やっぱりブライアン老けたなあ~感はありましたが、セットリストはヒット曲のオンパレード、8割がおじさん・おばさんの大観衆は盛り上がってましたね~
アコギ1本で聴かせる曲も多く、やっぱり歌もギターも上手いなあって改めて思いました。

DSC_0531_convert_20170126184144.jpg


DSC_0462_convert_20170125162531.jpg

リードギターのキース・スコットも健在でしたね。
リッチー・ブラックモアやエドワード・ヴァン・ヘイレンも認める名ギタリストですね。

キースを始め、バンドメンバーもほぼ変わらず長年続いてるってこともすごいですよね。

DSC_0475_convert_20170125162601.jpg

さすがにもうTシャツにジーンズのスタイルではありませんでしたが、約2時間半の元気いっぱいのステージは本当に楽しいひとときでした。

18Till I Die  死ぬまで18歳かあ~
ブライアンじゃないけど、いつまでもそんな気持ちでいきたいですね。

今回はブライアン・アダムスでした。












ロック名盤38

THE BEATLES 「LIVE AT THE HOLLYWOOD BOWL」

ghgfdfghfdfghjhgfghjhgfghjhg.jpg

2016年にようやく、ついにCD化されたビートルズの唯一の公式ライブ盤であります。
今から30年以上前、まだ僕が坊主頭だった少年時代に、ロック好きの叔父からダビングしてもらったアナログ盤のカセットテープを本当によく聴いていましたね。
特に「ア・ハード・デイズ・ナイト」の演奏のかっこ良さはたまんなかったですね~
ジョンの雄叫び、ポールの唸るベース、観客の歓声(絶叫?)など、当時のビートルズのエネルギーが溢れんばかりに伝わってくるアルバムでしたね。

ghjkjhgfghjkjhgfdfhj.jpg


こちらが当時のレコードジャケット


fghgfdfghjhgfghjhgf.jpg

いやはや、CD化まで長かったなあ~
しかもリマスター/リミックスされ、ボーナストラックまで収録されており大満足な作品として再発表されましたね。

やっぱりビートルズは僕にとって、常にワクワク・ドキドキさせてくれる唯一無二の存在なんですね

そんな中で、またまた衝撃の発表がありました。
昨年の大晦日にNHK紅白歌合戦でポール・マッカートニー来日が発表されました!

なにもNHK紅白で言うことはないんじゃないか? とは思いましたが・・・・

とにもかくにも今春、またポールが来日しちゃいます!!
2013、2014(中止)、2015、で今回2017年と毎年のように来日してますね。
こんな極東の島国にこれほどまでにたびたび来るとは、よほどの何かがあるんでしょうかね・・・

まあファンとしては嬉しい限りでありまして、僕も当然のこととしてライブには参戦してまいります。
チケットぴああたりではすでに最速先行予約が始まってますが、チケット確保に一喜一憂するのも楽しみではありますね。
また追加公演もあるのでしょうか?
ただ、今回だけは前回武道館の10万円チケットのような暴挙はやめてもらいたいですけど(笑)・・・

新年早々またまたワクワク・ドキドキのプレゼントでした!


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。