THE北陸ハリケーンズ

THE北陸ハリケーンズ のブログです。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ロック名盤36

DAVID LEE ROTH 「Eat 'Em And Smile」

hjhgfdfghjhgfdfghjhgf.png

デイヴ・リー・ロスが1986年に発表した作品です。
そもそもエディと大喧嘩してデイブはヴァンヘイレンを脱退したのですが、当時の雑誌では騒動についてヴァン・ヘイレン側が一方的にデイブを罵ってましたが、デイヴは大人の対応してて、それまでは半ケツだして歌ってた能天気なおバカさんだと思ってましたが「あ、デイヴって実はいい人なんだ・・・」って幼心に感じましたね。

sdfghgfdftgyhuhgfgh.jpg

この人はちゃんと色んな事を計算した上で、自分を笑いものにして周囲を楽しませる根っからのエンターテイナーなんですよね、きっと。

そのデイブが結成したハチャメチャ・エンターテイナー集団がこのバンドです。
80年代のハード・ロックバンドにはド派手・バカテク系が数多くみられましたが、その究極・最強ともいえたのがデイブ・リー・ロス・バンドでしたね。

dfghgfdfghjkhgfghjkhg.jpg

hghyghghghgfgfgfgfg.jpg

スティーヴ・ヴァイ(G)、ビリー・シーン(B)、グレッグ・ビソネット(D)
という名うての猛者を従えて発表されたこの作品は、超バカテクで愉快・痛快なナンバーばかりの傑作アルバムでしたね。

特にスティーブ・ヴァイとビリー・シーンの変態っぷりには度肝を抜かされましたね。
ジャック・ブルースやティム・ボガードもすごかったけど、ビリーシーンのベースはなんじゃこりゃ~って感じでぶったまげました。
スティーブ・ヴァイについては元々アルカトラスでイングヴェイの後任ギタリストだったって程度しか知りませんでしたが、最初はPV観て、なんかくねくね気持悪いヤツだな~ とテクニックよりも見た目がインパクトありましたね。
ヴァイの技術についてはもはやとやかく言う必要はないですね、この作品でも右・左のチャンネルに、それぞれ全く同じフレーズを弾いて重ねているという・・・ よーく聴くと若干(ホントに若干)違いがわかりますよ。

sdfghjhgfdfghjkjhg.png

以前、このときのツアーを収録した海賊版DVDを観ましたが、なんかサーカスみたいでしたね。
半ケツ出したデイヴが変態ギタリスト・ベーシストを扱う調教師みたいなシーンもあって面白かったですね。

で、フロント3人の後ろでドラムを叩いてたのがグレッグ・ビソネット。
先日紹介したように、リンゴ・スターのバックミュージシャンとして来日してたんです。

DSCN2080_convert_20161103171241.jpg

さすがにデイヴ・リー・ロス時代の曲は演りませんでしたが、ドラムソロのコーナーではツーバスドカドカのド派手なソロを披露してましたね。
リンゴ・スターとのツイン・ドラムもあったりして、ほのぼのと楽しんで叩いてましたね。

DSCN2168_convert_20161103171451.jpg

今年は、このアルバムが発表されて30周年てことで、「イート・エム・アンド・スマイル・ツアー」なんて企画があったみたいですね。
結局実現しなかったみたいですが、こんな画像も見つけました。

hgfghjhgfdfghjhgf.jpg

どうせならぜひ実現して、来日してほしいですね!

以上デイヴ・リー・ロス・バンドでした。




スポンサーサイト
コメント
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
この記事のトラックバックURL
http://hurricanez.blog117.fc2.com/tb.php/268-58369376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。